春合宿 in つま恋 2016年4月29日

オープン戦開始まで1ヶ月、つま恋合宿初日

4月29日から5月2日まで、静岡県掛川市にあるヤマハリゾートつま恋にて春合宿が行われた。 ゴールデンウィーク初日、高速道路の渋滞に巻き込まれ到着予定が遅れるも、疲れを見せることなく到着してすぐミーティングから食事を挟み、いつもと違う天然芝のグラウンドでの練習。

日頃、仕事もあり全員が揃うことが難しいなか、山崎部長を筆頭にほぼ全員が揃い自然と熱が入り、夜の練習まで選手を始めスタッフ全員が練習に参加し見つめていた。

併せてアトラスターズならではの厳しいなかにも明るさがある練習で笑顔もあり、ウォーミングアップ、ランニングから始まり、ボール2つを使いパス回しの練習ではミスがあると罰走、その罰走も最初はコート横から縦に延び、腕立てと変えていく。

その後、今季テーマとしている部分を反復し、自然と体が反応できるように 繰り返す。当初の頃より松村ヘッドコーチの口から出る言葉が褒めるものが多くなってきていて、キックオフ合宿の時に松村ヘッドコーチが口にしていたチームの変化が出てきていて、約1ヶ月後から始まるオープン戦の戦いへの楽しみが膨らんでくる。

夕食を挟み、キックオフ合宿の時にもあった坂口氏による講習会があり、実践形式によるコミュニケーションの取り方を行った。  その後、フォワード陣とバックス陣に分かれての練習でフォワード陣は主に筋トレを、バックス陣は柔軟を中心にバランス感覚の練習を行い初日の練習を終えた。

練習終了直後、栗林キャプテンが会話の中で口にした「いい仲間との練習は内容が濃くなる」と笑みが出ていたのが、強く印象に残る。 今季のスローガンである「Action」一人一人のアクションに期待したい。